AHCCオンライン相談室 AHCCご相談コーナー
AHCC資料請求
ホーム AHCCについて よくある質問と回答 医療機関リスト   書籍紹介 リンク集 販売サイト紹介  

AHCCについて
AHCCとは?医療現場で使われるAHCC医師が語る症例AHCC研究経緯
AHCC受賞歴AHCC製造工程 AHCC化学組成飲み方の目安
AHCC ◆AHCCとは?
がん治療に注目されるAHCC
 AHCC Active Hexose Correlated Compound = 活性化糖類関連化合物。
 (「AHCC」は株式会社アミノアップ化学の登録商標です)
 AHCCは、東京大学薬学部・岡本敏彦教授および株式会社アミノアップ化学らの共同研究によって開発されたキノコ類由来の健康食品(機能性食品)です。肝臓病、および糖尿病などを含む生活習慣病の改善に対応する健康食品として、また特にがん免疫分野へ大きな期待を込めて開発されました。現在までの研究で、AHCCはがんの治療に用いることにより、がん予防、改善、治癒を目指すときに活用できる健康食品として注目されるようになりました。
 
AHCCの機能

■抗がん作用
AHCC
生体応答調節剤(BRM:Biological Response Modifiers)として患者の免疫系をはじめとして、身体全体の働きを調節することにより、がんを治そうとする患者自身の持つ力を助け、強め、がん病巣を縮小、消失に導くものです。

■免疫賦活作用
がんは免疫能が低下した結果、変異細胞ががん細胞となって始まります。
すなわちがんは免疫の病気といえるでしょう。がんの治療は免疫の異常を根本的に治すことが重要です。
AHCCは生体の免疫系を刺激することによって免疫異常または免疫低下の状態から回復させます。
AHCCががんによって低下した免疫能を再建し、免疫細胞を活性化することでがん細胞を攻撃するのです。

■化学療法剤の副作用軽減作用
化学療法はがん治療における強力な治療手段ですが、一方で吐き気、嘔吐、脱毛、食欲低下、 肝機能障害、白血球減少、血小板減少、赤血球減少など多岐にわたる副作用を引き起こし、多くのがん患者が、その副作用に苦しんでいます。AHCCがこうした化学療法の副作用を抑制することで、化学療法の十分な治療効果を得ることが出来るだけでなく、がん患者の全身状態、QOLが改善され、医師がスムーズに治療計画を実施する手助けにもなると考えられます。

■QOL改善作用
手術不能のがん患者や慢性の進行性疾患において、延命効果 のみならず、医学的改善が望めない状態にあっても、体の諸機能を維持し、心理的、社会的に安定した生活が送れるようにすること、すなわちQOL(Quality of life:生活の質)を高い状態に維持することが医療の大きな役割となってきています。AHCCは飲み始めてから2週間くらいで食欲増進睡眠の正常化、脱毛が少なくなる、毛髪が黒くなるなど、QOLの改善作用があります。
AHCC"全身の病"に対抗できる"癒しの力"を持っているといえるでしょう。

■その他の作用
AHCC
がん以外にも肝臓病糖尿病炎症高血圧高脂血症に対する作用や内分泌調節作用など、様々な作用が数多く報告されています。
 

抜粋:「AHCCを科学する」より
抜粋:(株)アミノアップ ホームページより


AHCCとは?医療現場で使われるAHCC医師が語る症例AHCC研究経緯
AHCC受賞歴AHCC製造工程 AHCC化学組成飲み方の目安


←AHCCオンライン相談室 目 次 ↑ページ上部